×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カーシェアリングとは、カーシェアリングって何?

カーシェアリングとは、その名の通り、車(car)をシェア(share)すること。

具体的に説明すると、複数の会員が複数の車を共有し、必要なときだけ利用することです。

最初はアメリカやヨーロッパで広がり、2010年頃から日本でも普及してきました。

みんなで車を共有することにより、世界の自動車の数が減ります。その結果、排気ガスが減り、環境にやさしい新しい車社会の形態として注目されています。

また、車を自分で所有するより、圧倒的に節約できるため経済的です。

カーシェアリング大手3社を比較(2013年10月現在)
オリックス
タイムズプラス
カレコ
月額料金 0〜2000円 1000円 0〜1万5000円
ガソリン代 なし なし なし
6時間 3500〜6750円 3900円 3900〜5000円
12時間 4500〜9,750円 6500円 4700〜6000円
24時間 6000〜12000円 8000円 6100〜7800円
長時間利用の場合の距離料金加算 1キロメートル当たり15円 12時間と24時間利用は1キロメートル当たり15円 1キロメートル当たり10〜17円
ステーション数 首都圏・中部・関西エリアを中心に1127カ所 全国4300カ所 関東中心

※カーシェアリング利用者が増えているので、ステーション数は随時増えています。

カーシェアリングのメリット、長所

  • 安い!経済的!節約できる!
    マイカーを持つより圧倒的に経済的です。車購入代金はもちろん、駐車場代やガソリン代、保険、税金といった維持費もかかりません。
  • 便利!
    携帯やパソコンから24時間いつでも予約できて、24時間365日いつでも使うことができます。ガソリンの満タン返しも不要です。
  • 近い!
    当サイトで紹介している大手カーシェアリングなら全国にたくさんの駐車場(ステーション)があります。

レンタカーとの違いは?

レンタカーとカーシェアリングの一番の違いはガソリンの関してだと思います。

カーシェアリングはガソリン代がかかりません。レンタカーのように満タン返しをする必要もありません。

カーシェアリングが日本に登場した当初は、短時間の利用ならカーシェアリング、長時間の利用ならレンタカーと使い分けていた利用者も多かったようですが、最近ではカーシェアリングの長時間パックが割安になったので、短時間でも長時間でもカーシェアリングを単独利用する人が増加しています。

だいぶ、カーシェアリングも市民権を得てきましたね。

タイムズプラス

タイムズプラス »

タイムズプラスの最大の魅力は外車(輸入車)に乗れることです。

BMW、Audi(アウディ)、MINI(ミニ)、Volkswagen Golf(フォルクスワーゲン ゴルフ)、Volkswagen Polo(フォルクスワーゲン ポロ)、FIAT(フィアット)といった外車をカーシェアリングできます。

また、全国にあるTimesの駐車場をまるで自分の駐車場のように使えるところも魅力です。

タイムズプラスの料金体系はシンプル。月額料金が1000円(法人・学生は無料)でカード発行料が1500円。そして、15分200円〜からの利用料金です。

三井物産グループの「カレコ」

カレコ »

乗ることができる車の車種では業界トップクラスの台数を誇る三井物産グループのカーシェアリング「カレコ」。

利用頻度やニーズに合わせて細かく8種類の料金プランがあります。

エコカー、コンパクトカー、ミドルカー、電気自動車と用途に応じて車種を選べるところが魅力です。

タイムズプラスを利用する35歳男性の場合

東京で会社を経営する35歳男性は自家用車の外車を手放し、タイムズプラスに加入し、カーシェアリングで週に4日ほど外車に乗ることにしました。

自家用車を所有していた時は、自宅や外出先の駐車場代とガソリン代などで毎月10万円以上かかっていました。

しかし、カーシェアリングに代えてから、現在は外車中心の利用でも3万円程度と3分の1になりました。

その差、約7万円。つまり、この男性は自家用車からカーシェアリングに変更しただけで、毎月7万円も節約できているのです。

男性は「カーシェアリングは仕事帰りのタクシー代わりにも、休日のドライブにも使えるのがいい」と語ります。

この男性のある1日の利用は次のような感じです。

平日には「ダブルナイトパック」(午後6時〜翌朝9時)を利用。深夜に仕事を終え、東京の浜松にある事務所から月島の自宅に帰り、翌朝再び使っても2000円強で済む。

休日には午前10時半から午後6時まで借り、房総半島を1周して5900円だった。

タイムズプラスの利用者には外車に気軽に乗れることが決め手になった人も多いようです。

ある20代の女性は「普段は国産車を使い、休日は輸入車でドライブできるのが魅力」と語っています。

タイムズプラス
タイムズプラスでBMWやMINI、アウディ、FIAT500に乗れる! »

相互リンク募集中